チャートコメント

チャートコメント (9月28日 09:23更新)
日本 NYダウ ドイツ 英国

日経225
日経225 日経225 【 短期 : 曇り / 中期 : 曇り 】

実線は、急ピッチでの上昇後ボリンジャーバンドの+2σにて失速し調整色を強めたが、20SMA付近にて反発に転じる展開となっている。更なる地合いの良化のカギとして+1σ(30,621)を上抜けられるかに注目したい。

テクニカルチャートを見る
NYダウ
NYダウ NYダウ 【 短期 : 曇り / 中期 : 曇り 】

実線は、地合いの悪化が顕著となり下落基調を強めたが、ボリンジャーバンドの-2σにて反発。一目均衡表の雲下限を上抜き基準線を捉える展開となっている。このまま地合いの良化が継続するようなら、雲上限(35,025)を試す可能性が考えられる。

テクニカルチャートを見る

免責事項

本ホームページはAIゴールド証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはAIゴールド証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。AIゴールド証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のAIゴールド証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る