株価指数市況コメント|FX初心者におすすめの口座

株価指数市況コメント

21日、東京株式市場の日経225は一時27,274円まで下落した。米国ではインフレ進行による懸念などにより米主要株価が反落し、東京時間では米株安の流れから日経225が早朝に大幅な下落となった。売りが一巡後は徐々に水準を回復され現在、欧州時間帯では日経225は27,800円付近で推移している。…
19日、東京株式市場の日経225は一時27,486円まで下落し軟調な展開となった。米長期金利の上昇を受け、米主要株価が下落すると東京時間では米株安の流れから日経225が下落した。なかでも東京エレクトロンやソニーグループ、アドバンテストなど電機機器関連株が売られている。現在、日経225は…
18日、東京株式市場の日経225は一時28,817円まで上昇するも、その後は反落している。日銀がおこなった金融政策決定会合において、大規模緩和策の現状維持が決まったことなどが好感され日経225は上昇するも、買いが一巡後は反落し一時28,218円まで下落した。現在、日経225は28,390円付近で推…
14日、東京株式市場の日経225は一時28,009円まで下落し軟調な展開となった。米国時間において、米ハイテク株などを中心に売りが先行し米主要株価は下落した。東京時間帯では米株安の流れを受け日経225が軟調。また、12月企業物価指数 (予想:前月比0.3% 結果:前月比-0.2%)などが市場の予…
12日、東京株式市場の日経225は一時28,869円まで上昇した。米国時間帯におこなわれたパウエル米FRB議長の議会公聴会において、同議長は年内に保有資産の縮小を始める可能性などを述べたが、市場の想定の範囲内であったことなどから、過度な金融引き締めなどの警戒が後退し、米主要株価は上…
7日、欧米株式市場のNYダウは12月米雇用統計の結果を受け、早期利上げへの警戒感などから売買が交錯し36,400pt付近で伸び悩む展開となった。一方、ハイテク株などに売りが目立ちナスダック総合は軟調な推移となった。テクニカル的にはNYダウは5日移動平均線(36,465pt)を下抜け、上値が抑…
7日、東京株式市場の日経225は一時28,369円まで下落した。米連邦準備理事会(FRB)が早期に利上げや保有資産の縮小を進めるとの見方が広がるなか、日経225は伸び悩む展開となった。また、この後は米国時間帯において、米雇用統計などの発表などが予定されており、注目か。テクニカル的には…
30日、東京株式市場の日経225は早朝に一時28,636円まで下落するも、その後は水準を回復させ28,900円付近で底堅い推移となった。本日、大納会を迎えた東京株式市場だが、日経225は新型コロナウイルスなどに対する懸念が残る一方、経済再開への期待から下値は限定的となった。また、年末によ…
29日、東京株式市場の日経225は一時28,781円まで下落し、上値は重い展開となった。米株式市場において、ハイテク株などが売られたことから東京時間帯では半導体関連株などの売りが目立った。新型コロナウイルスの変異型オミクロン型の感染拡大に対する警戒感などから株価は伸び悩む動きとな…
23日、欧米株式市場のNYダウは一時36,130ptまで上昇し堅調な展開となった。新型コロナウイルスの変異株オミクロン型の感染により重症化する可能性は低いとの調査結果が相次いで発表されていることや、製薬ファイザーに続きメルクが開発した新型コロナウイルスの飲み薬の緊急使用を米食品医…
22日、欧米株式市場のNYダウは一時35,875ptまで上昇した。米食品医薬品局(FDA)が新型コロナウイルスに対して、ファイザーが開発した飲み薬の緊急使用を承認したことや、第3四半期 米GDP 【確報】(予想:2.1% 結果:2.3%)など米経済指標の結果が市場予想を上回ったことなどが好感され、…
15日、欧米株式市場のNYダウは一時35,930ptまで上昇し、堅調な展開となった。米連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和の縮小ペースを加速させることを決定した。FRBは資産購入プログラムの従来の縮小ペース月150億ドルを来年1月からは300億ドルに加速させる決定をした。また、金利見通しは2…
15日、東京株式市場の日経225は早朝に一時28,608円まで上昇し、その後は28,500円付近の水準で小動きとなった。米連邦公開市場委員会(FOMC)の発表などを控え、日経225は買いが優勢。米下院において債務上限問題を巡り、上限を2兆5000億ドル引き上げ31兆4000億ドルとする法案が賛成多数で可…
14日、東京株式市場の日経225は反落し一時28,360円まで下落した。朝方、日経225は一時28,736円まで上昇するも、欧米株式市場の流れなどを受け反落している。また、岸田文雄首相が衆院予算委員会で自社株買いを巡ってガイドライン設定の可能性を示唆する内容の発言をしたことなどが伝わり日…
9日、東京株式市場の日経225は一時28,691円まで下落し軟調な展開となった。新型コロナウイルスの変異型オミクロン型の感染拡大の懸念が後退するなか、日経225は利益確定売りなどにより下落した。現在、日経225は28,750円付近で推移している。テクニカル面では日経225は一目均衡表の雲上限(…
8日、東京株式市場の日経225は新型コロナウイルスの変異種オミクロン型に対する感染拡大などの懸念が後退するなか一時28,905円まで上昇した。米株式市場においてハイテク株などが大きく買われたことで、東京時間帯では東京エレクトロンやファナックなどハイテク関連銘柄の買いが目立った。…
7日、欧米時間帯のNYダウは、概ね堅調な推移となり終値は35,819ptとなり前日比720pt高となった。市場は、引き続きオミクロン株感染による経済活動後退の懸念は拭えないものの、重症化リスクは少ないとの報道もあり投資家心理が強気に傾いた格好に。テクニカルからは、実線がここ2日間で一目…
3日、東京株式市場の日経225は一時27,591円まで下落するも、その後は反発し28,000円付近まで水準を回復させる動きとなった。新型コロナウイルスの変異種オミクロンに対する警戒感などからリスク回避的な動きで日経225は軟調な推移となっていたが本日、東京時間帯において、米議会上院で新た…

免責事項

本ホームページはAIゴールド証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはAIゴールド証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。AIゴールド証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のAIゴールド証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る