株価指数市況コメント(2020年11月9日 8:10)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

日経225は一時24,400円台へ

2020年11月9日 08:10

週末6日、欧米時間帯の日経225は、欧州時間帯序盤から堅調に推移し一時24,406円まで上昇し戻り高値を更新。その後も24,300円を中心に取引された。この日NY株式市場では、これまで4日続伸となっていたNYダウが反落に転じたが、押し目買いもみられ下値を探る動きは限定的なものに。かえって地合いの底堅さが意識される展開となっていた。6日時点では大統領選の結果は確定していなかったものの、ほぼ民主党バイデン候補の勝利が確実とみられ、早くもバイデン政権下の政局を織り込むような動きがみられている。大統領選と同時改選となった議会選挙の開票も進んでおり、下院は民主党の過半数確保がほぼ確実な情勢。上院は拮抗しているものの共和党が過半数確保となりそうで、「ねじれ」状態となる可能性が考えられる。ただ、現状においては、議会のねじれによりバイデン候補が掲げる増税や巨大IT企業への規制導入が容易ではなくなるとの見方が強く、「いいとこ取り」をする形で株価への影響は良好なものとなっている。なお、週末を経て足元では、バイデン候補の大統領選勝利が確定している。先週は米大統領選のほかFOMC、米雇用統計など重要イベントが目白押しだったが、イベント通過により一定の調整の動きがみられそうな点には留意が必要か。日経225も年初来高値更新後の展開だけに買い方による利益確定の動きも想定したい。

免責事項

本ホームページはAIゴールド証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはAIゴールド証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。AIゴールド証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のAIゴールド証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る