株価指数市況コメント(2020年11月20日 10:00)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

日経225は25500円を中心に小動き

2020年11月20日 10:00

19日、欧米株式市場では、調整主導の流れから軟調となる場面がみられたが、米国時間の終盤にかけて値ごろ買いの動きから地合いを引き締める展開となった。米株価三指数が揃って小幅高となったことで日経225も引けにかけて25600円を窺う動きとなったが、全体としては25500円を挟み方向感に乏しい動意を余儀なくされた。NY市場の取引時間中は手掛かり材料不足となっていたようだが、その後足元では米国内のコロナウイルス感染拡大の動きに対する懸念が強まりつつある模様。ロイター通信が伝えるところでは、米国のコロナウイルス感染による入院者数が過去2週間で約50%増加した。医療システムへの負担が強まっていることで全米各地で新たな制限措置を余儀なくされているとのこと。カリフォルニア州が午後10時から午前5時までの外出禁止令を発令した模様。感染拡大の動きは日本国内も同じことで、今後の制限措置による経済活動への影響にも留意する必要がありそうだ。なお、テクニカル面においては、日経225(つなぎ足)においてRSI期間14日が20日現在69.873と、引き続き買われ過ぎとされる高水準付近に位置している。

免責事項

本ホームページはAIゴールド証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはAIゴールド証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。AIゴールド証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のAIゴールド証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る