株価指数市況コメント(2021年2月19日 9:40)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

リスクオフムードに株価軟調

2021年2月19日 09:40

18日、欧米株式市場では、米長期金利の上昇基調や米雇用情勢の悪化などが嫌気されリスクオフムードが全体の地合いを圧迫する展開となった。米株価3指数が揃って下落基調を鮮明にする中、日経225も軟調推移を余儀なくされた。米債券市場では、10年債の利回りが一時1.31%台へ上昇するなど長期金利の上昇基調が目立つ動きに。前日発表された米小売売上高(前月比)が5.3%(予想:1.1%、前回:-1.0%)となるなど、インフレを意識させる米国の経済指標が散見されており、金利上昇圧力が強まりつつあるものとみられる。また、この日発表された米失業保険申請件数が86.1万件と、事前予想の77.0万件を上振れる悪化を示す内容に。さらに、前回データも79.3万件から84.8万件に改訂され、米国内雇用情勢の厳しい状況が浮き彫りとなったことも、株売りの材料として意識された模様である。このような展開を眺め日経225(2021)は一時29,936円まで軟化する場面がみられた。テクニカル面において日経225(つなぎ足)では、引き続きRSIが14日線で2/19現在82.401と高水準にある点に留意したい。仮に買われ過ぎ是正の動きとなった場合は、一目均衡表の転換線(2/19現在29,687)が意識されるか。

免責事項

本ホームページはAIゴールド証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはAIゴールド証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。AIゴールド証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のAIゴールド証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る