株価指数市況コメント(2021年8月2日 17:30)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

買戻しに急反発

2021年8月2日 17:30

2日、日本時間帯の日経225は、先週末とはうって変わり立ち合い開始直後から断続的に買いが先行する形で下値を切り上げる展開となった。週末のNY市場からはダウが149ドル安での入電となったものの、週明けのダウ先物市場では反発に転じ、これになびく格好で東証株価も軒並み上昇機運を強める流れに。その後も中国や香港の株高基調を好感するなどして、日経225は上げ幅を拡大する場面がみられた。この株価上昇の背景として確たる手掛かり材料は見当たらないものの、週末の下落は行き過ぎとの認識が強いようで、売り方の利益確定を先行させる動きが集中した模様。ただ、FRBの今後の対応や新型コロナ・デルタ株の感染拡大の行方など、先行き不透明感は払しょくできておらず、いまだ方向感が見出しにくい状況のままである点には留意が必要だろう。テクニカル面では、一定の戻りをみて実線が再び一目均衡表の転換線を上抜く形に。5/13安値27,156および7/19安値27,147付近の一気抜けはひとまず回避されたが、引き続き動向を注視していきたい。

免責事項

本ホームページはAIゴールド証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはAIゴールド証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。AIゴールド証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のAIゴールド証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る