為替市況コメント|FX初心者におすすめの口座

為替市況コメント

20日、東京外国為替市場の米ドル円は米長期金利が小幅ながら低下したことや、早朝に日経平均株価が下落したことなどを受け一時114.015円まで下落した。その後は日経平均株価が上昇に転じ、株価の動向に歩調を合わせる格好で米ドル円も一転し買いが優勢となり一時114.550円まで上昇した。テ…
19日、東京外国為替市場の米ドル円は一時114.200円まで下落し軟調な展開となった。日経平均株価が下げ幅を拡大させたことに伴いリスク回避的な動きで円買いが優勢となった。現在、米ドル円は114.270円付近で本日の安値圏で推移している。テクニカルには米ドル円は直近でサポート実績のある…
18日、東京外国為替市場の米ドル円は米長期金利の上昇を受け、日米金利差を意識した買いが優勢となった。また、日銀がおこなった金融政策決定会合において、大規模緩和策の現状維持が決まり米ドル円は一時115.070円まで上昇。ただその後、日経平均株価が反落したことで米ドル円は114円台後…
17日、東京外国為替市場の米ドル円は一時114.515円まで上昇し、買いが一巡後は高値圏で膠着状態となった。先週末の流れを引き継ぎ、米ドル円は早朝から買いが優勢でスタートとなるが、この後米国はキング牧師記念日により祝日であることや、明日の日銀会合の結果などを控え、徐々に様子見ム…
14日、東京外国為替市場の米ドル円は一時113.635円まで下落した。日経平均株価などが軟調に推移したことなどを受け、米ドル円はリスク回避的な動きで売りが優勢となっている。現在、米ドル円は113.705円付近で推移している。テクニカル的には米ドル円は引き続き5日移動平均線(114.604円)…
13日、欧米時間の外国為替市場において、米ドル円は一時114.370円まで下落し軟調な展開となった。米国時間に発表された12月米消費者物価指数 (予想:前年比7.0% 結果:前年比7.0%)は市場の予想通りの結果であった。また、11日に行われたパウエル米FRB議長による議会証言の内容が想定の範…
12日、東京外国為替市場の米ドル円は115円台前半付近で推移している。米国時間帯におこなわれたパウエル米FRB議長の議会公聴会において、同議長は年内に保有資産の縮小を始める可能性などを述べたが、市場の想定の範囲内であったことなどから、過度な金融引き締めなどの思惑が後退し、米ド…
7日、欧米時間の外国為替市場において、米ドル円は12月米雇用統計の結果を受け、一時115.940円まで上昇し、その後は利益確定売りなどにより一時115.535円まで反落する展開となった。12月米雇用統計では非農業部門雇用者数(予想:40万人 結果:19.9万人)が市場予想を下回った一方、失業率(…
7日、東京外国為替市場の米ドル円は仲値にかけて国内輸入企業など実需を伴う買いが広がり一時116.035円まで上昇し、その後は115円台後半付近で推移している。この後は、米国時間帯で米雇用統計などの発表などが控えていることから、米ドル円は徐々に様子見姿勢が強まりそうか。テクニカル的…
30日、東京外国為替市場の米ドル円は一時115.220円まで上昇した。新型コロナウイルスの変異型オミクロン型は重症化しにくいなどの報告が相次いだことで、景気への影響は限られるとの見方もあり、日経平均株価が上昇するとリスク選好の動きで米ドル円は買いが優勢となった。また、米長期金利…
28日、東京外国為替市場の米ドル円は年末で取引参加者が減るなか、仲値にかけて一時114.955円まで上昇し、その後は114円台後半で小動きとなった。現在、米ドル円は114.830円付近で推移しており、引き続き値動きは限定的となりそうか。テクニカル的には米ドル円は5日移動平均線(114.522円)…
23日、欧米時間の外国為替市場において、米ドル円は一時114.480円まで上昇した。新型コロナウイルスの変異株オミクロン型の感染により重症化する可能性は低いとの調査結果が相次いで発表されていることや、製薬ファイザーに続きメルクが開発した新型コロナウイルスの飲み薬の緊急使用を米食…
22日、欧米時間の外国為替市場において、米ドル円は一時114.380円まで上昇するも、その後は114円台前半で伸び悩む展開となった。米食品医薬品局(FDA)が新型コロナウイルスに対して、ファイザーが開発した飲み薬の緊急使用を承認したことや、第3四半期 米GDP 【確報】(予想:2.1% 結果:…
17日、欧米時間の外国為替市場において米ドル円は米長期金利の低下に受け、日米金利差を意識した売りが優勢となり一時113.135円まで下落した。その後、売りが一巡すると113円台後半まで水準を回復させた。また、ウォラー米FRB理事が講演で米金融政策について、資産購入の終了後まもなく政策…
15日、欧米時間の外国為替市場において米ドル円は一時114.275円まで上昇した。米連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和の縮小ペースを加速させることを決定した。FRBは資産購入プログラムの従来の縮小ペース月150億ドルを来年1月からは300億ドルに加速させる決定をした。また、金利見通しは…
15日、東京外国為替市場の米ドル円は113円台後半で小動きとなっている。米国時間帯に発表された11月生産者物価指数(予想:前年比9.2% 結果:前年比9.6%)が市場の予想を上回ったことや、米下院において債務上限問題を巡り、上限を2兆5000億ドル引き上げ31兆4000億ドルとする法案が賛成多数…
14日、東京外国為替市場の米ドル円は113円台半ば付近で小動きとなっている。米ドル円は米連邦公開市場委員会(FOMC)の発表を控え、様子見ムードといったところか。現在、米ドル円は113.610円付近で推移。この後は11月米生産者物価指数(予想:前年比9.2% 前回:8.6%)など米経済指標の発表…
13日、東京外国為替市場の米ドル円は一時113.580円まで上昇し、やや買いが優勢の展開となった。日経平均株価が上昇したことで、リスク選好の流れで米ドル円はやや買いが優勢。ただ、今週は米連邦公開市場委員会(FOMC)が控えていることから、結果を見極めたいとの思惑で積極的な売買には繋…
10日、東京外国為替市場の米ドル円は113円台半ばで小動きとなっている。日経平均株価が軟調に推移し、日米金利差が縮小するなか、米ドル円の値動きは限定的だ。この後、米国時間に発表が予定されている11月米消費者物価指数(予想:前年比6.8% 前回:前年比6.2%)などを控え、結果を見極めた…
9日、東京外国為替市場の米ドル円は113円台後半付近で上値が重い展開となった。特段新しい材料が見当たらず米ドル円は小動きとなるなか、日経平均株価が軟調に推移したことで円買いやや優勢な展開となった。現在、米ドル円は113.620円付近で推移。テクニカル的には米ドル円はまず5日移動平…
8日、東京外国為替市場の米ドル円は113円台半ば付近で上値が重い展開となった。新型コロナウイルスの変異株オミクロン型に対する感染拡大などの懸念が後退する一方、米国とロシアの関係悪化などが警戒され、低リスク通貨として考えられる円買いがやや優勢な展開となった。7日に、バイデン米…
3日、東京外国為替市場の米ドル円は一時112.955円まで下落するも、その後113円台前半付近まで水準を回復させる動きとなっている。新型コロナウイルスの変異型オミクロンに対する警戒感などから円買いが優勢となっていたが、日経平均株価が上昇に転じたことで、リスク回避姿勢はやや後退し、…
1日、東京外国為替市場の米ドル円は113円台半ば付近で推移している。新型コロナウイルスの変異株オミクロン株に関する一連の報道などを受け、警戒感がくすぶるなか米ドル円は米国時間帯に一時112円台半ば付近まで弱含むも、その後パウエル米FRB議長の米議会証言において、金融政策の正常化…

免責事項

本ホームページはAIゴールド証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはAIゴールド証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。AIゴールド証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のAIゴールド証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る