為替市況コメント(2020年12月14日 08:50)|FX初心者におすすめの情報と株入門

今週は日米英の金融政策などが注目か。

2020年12月14日 08:50

今週の外国為替市場において、各国の金融政策や経済指標などが注目か。15-16日に米連邦公開市場委員会(FOMC)、17日に日銀金融政策決定会合、英中銀金融政策など各国の金融政策が発表される。そのほか、英国と欧州連合(EU)の通商交渉に関して、13日が期限としていたが、合意には至らなかった。ただ、欧州委員会のフォンデアライエン委員長とジョンソン英首相は、交渉継続で合意しており、交渉が継続される間、英ポンドは神経質な値動きが予想される。また、新型コロナウイルスに関して、英国が先行しコロナワクチンの接種が始まっており、続いて米国では食品医薬品局(FDA)が緊急使用許可(EUA)を出した米製薬大手ファイザー製のワクチンが14日に米国の一部地域に到着し、16日までには全米50州に初回分の搬入が完了する見通しとなっている。一方、ニューヨーク市内では店内飲食が14日から禁じられ、日本国内ではGoToトラベルの一時停止などの見直しが検討されるなど、感染拡大に伴う、経済活動の影響などが懸念される。テクニカル的には米ドル円は一目均衡表の転換線(103.940円)付近で推移していることから、同線付近を維持できるか注目したい。仮に転換線を上抜けた場合、上方に位置する雲下限(104.253円)付近がレジスタンスとなりそうか。

免責事項

本ホームページはAIゴールド証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはAIゴールド証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。AIゴールド証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のAIゴールド証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る