為替市況コメント(2021年6月7日 16:45)|FX初心者におすすめの情報と株入門

米ドル円、109円台半ばに下落後はもみ合い

2021年6月7日 16:45

7日、東京外国為替市場の米ドル円は109円台半ばを中心とする狭いレンジで小動きに推移した。前週末の米雇用統計を受けたドル売り円買い先行の流れを引き継ぐ格好となったが、米金利上昇を意識する動きも相俟って方向感に欠ける相場展開を余儀なくされた。5月米雇用統計は、非農業部門雇用者数が55.9万人増と、前回のサプライズ的な低水準の増加幅からは拡大したものの予想を下回る内容に。前回が悪すぎただけに大幅改善を期待する向きが少なくなかったため、失望売りから米ドル円は下落基調を鮮明にしていた。週明け東京市場も109円台半ばから取引をスタートさせたが、予想を下回ったものの雇用者数の増加幅自体はさほどネガティブな内容ではないことや、来週のFOMC(15日~16日)を控え、ドルの下値を試す動きまでには至らなかった模様である。テクニカル面では、引き続き一目均衡表の基準線および転換線がサポートとして機能している点は好感材料となりそう。ただ、6月半ばにかけて雲のねじれが発生。ちょうどFOMCの日程と重なるため一定の留意が必要か。

免責事項

本ホームページはAIゴールド証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはAIゴールド証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。AIゴールド証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のAIゴールド証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る