為替市況コメント(2021年7月15日 07:30)|FX初心者におすすめの情報と株入門

米金融緩和長期化観測の浮上で、米ドル円は下落。

2021年7月15日 07:30

14日、欧米時間の外国為替市場において、米ドル円は一時109.925円まで下落した。パウエル米FRB議長が下院において議会証言を行った。原稿は事前に米国時間の朝方に伝わっっており、内容についてはインフレの加速については一時的との見方を維持し、量的緩和の縮小(テーパリング)については、FRBは開始できるだけの進展には至っていないことが示されていた。金融緩和の長期化が意識されたことで米長期金利は低下し、日米金利差の縮小により米ドル円は売りが優勢となった。米ドル円は再び110円割れの展開となっているが大台を意識した押し目買いにも期待をしたいところか。

免責事項

本ホームページはAIゴールド証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはAIゴールド証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。AIゴールド証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のAIゴールド証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る