為替市況コメント(2022年5月11日 11:00)|FX初心者におすすめの情報と株入門

米CPIを控えて130円台で小動きに推移

2022年5月11日 11:00

【NY外為ドル円概況】10日のNY為替市場は、世界経済が景気後退入りするとの懸念に、安全資産としての米国債買いが優勢となり、10年債利回りが節目の3%を割り込むと、ドル売りが優勢となりました。その後、メスター米クリーブランド連銀総裁が0.75%の利上げの可能性に含みを持たせた発言を受けて、一時130.46円まで上昇し、本日高値圏で堅調に取引を終了しました。【東京外為ドル円概況】11日の東京外国為替市場でドル円は、ニューヨーク市場の引けにかけて買いが進んだ反動もあって朝方から売りが出ており、一時130.28円まで下落しました。その後は、4月米消費者物価指数の発表を日本時間今夜に控えて方向感に乏しく、130.30円台で小動きに推移。今週は金利動向に振らされる展開が多く、時間外の米10年債利回りの推移は注目となります。(カネツ商事提供)

免責事項

本ホームページはAIゴールド証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはAIゴールド証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。AIゴールド証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のAIゴールド証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る